ハッピーマタニティライフ

妊活、妊娠出産、子育ての情報を発信していくママブログ

24510f01e4d5a55046c2d0b5280561b2_s

会社は育児休業中に給料を払う義務がないので、基本的に育休中に給料が支払われることはありません。

しかしそれでは、子育てに専念できませんね。そこで、育休中の生活をサポートするのが「育児休業給付金」です。パパでも育児休業を取れば支給の対象です。

出産手当金との違いは?

産休期間中にもらえる出産手当金は、健康保険の制度でしたが、育児休業給付金は雇用保険から支払われる給付金です。

※関連記事:出産手当金の計算方法は?手続きはどうする?

育児休業給付金を受けられる人は会社勤めの人など、雇用保険の加入者に限られます。

自営業の人や専業主婦、非正規雇用で雇用保険に入っていない人は受けることができません。育休取得の条件は育休開始日前の2年間に11日以上働いた月が通算12ヶ月以上あることです。また、育休中に給料が支払われている人は、給料と育児休業給付金の合計が月給の8割を超えないように給付額が調整されます。

受給期間は基本的に子どもが1歳の誕生日を迎える前日までとなります。ママの場合、出産後56日を産休として、そのあとから育児休業となるので、目一杯制度を利用すると約10ヶ月間、給付を受けることができます。

ただ、例えば、子どもを預ける保育園が見つからない、配偶者が死亡、病気やケガといった、特別な事情がある場合は、子どもが1歳6ヶ月に達するまで育休の期間を延長することができます。延長期間に伴って、育児休業給付金も1歳6ヶ月まで支給されます。

育児休業給付金の計算方法、いくらもらえるの?

最初の180日間は月給の67%、それ以降は月給の50%が支給されます。ただし、給付される額には上限があって、最初の180日までは28万5240円、それ以降は21万3000円を超えた分は支給されません。上限を設けておかないと、とんでもない高給取りの人達が育休を取得したら、ごっそり持っていかれちゃいますからね。

口座へは2ヶ月分がまとめて振り込まれます。初回の給付金が支給されるのは、申請書がハローワークに到着してから1週間~10日後です。

給付金の申請は、原則として2ヶ月ごとに行う必要があって、申請の締め切りは、支給対象期間の初日から4ヶ月を経過する日の属する月の末日です。手続きはママが勤務する会社が行うのが一般的なので、通常は勤務先の担当部署が窓口になります。

育児休業給付金の計算方法

休業開始時賃金日額×67(50)%×支給日数
「休業開始時賃金日額」は、育休を取る直前の6ヶ月間の給料(支給総額)を180日で割った金額を使います。

月給が20万円の人が10ヶ月間の育休を取得した場合
120万÷180日=6670円…休業開始時賃金日額
6670円×180日×67%=80万4400円…最初の180日の支給額
6670円×120日×50%=40万200円…残りの120日の支給額
80万4400円+40万200円=120万4600円

育児休業給付金の受給条件(もらえる人の条件)

  1. 育児休業開始日前2年間に、11日以上働いた月が12ヶ月以上ある
  2. 育児休業期間中、育児休業前の給料の8割以上のお金を会社からもらっていない
  3. 育児休業期間中、1ヶ月に就労したと認められる日が80時間以下である

雇用保険に加入していても、育児休業給付金がもらえないひと

  • 妊娠中に勤務先を退職した人
  • 育休前に、現在の会社を退職することが決まっている人
  • 育休を取らずに仕事に復帰する人

育児休業の現状

厚生労働省の「雇用均等基本調査」によると、平成17年度の男性の育休取得率は0.5%でしたが、平成25年度には2.03%にまで上昇しています。

ただ、育休を取得した期間については女性の約6割が10ヶ月以上であるのに対して、男性は約9割が3ヶ月未満でした。男性の41.3%は5日未満しか育休を取っていません。

男性の育休の取得率が以前に比べ上がったとはいえ、そもそも育休を取得している男性が少ない上に、取得したとしてもこの期間の短さでは本当の意味で「育児」に専念することはできませんよね。日本ではまだママと一緒に育児をするというよりは、出産直後のママをいたわるために取得する人のほうが多いようですね。

私も会社で働いているのでよくわかりますが、日本の企業では男性が育休で1年近くも休むなんて、なかなか考えられないといった雰囲気はありますよね。取得したとしても、1年後会社に自分の席があるかという不安がつきまといます。

いつか、こういった雰囲気がなくなり、安心して育休が取得できる社会になるといいですね。

まとめ

●使える人
会社勤めの人など、雇用保険の加入者のみ

●給付金額
約26万8000円
(月給が20万円の人で最初の2ヶ月)

●申請時期
初回は休業開始日から4ヶ月を経過する日の属する月の月末までに手続きをして下さい。これ以降はハローワークから申請期間が指定されます。

●申請窓口
勤務先または勤務先の所在地を管轄するハローワーク

●給付時期
申請から1週間~10日後

●必要なもの
・育児休業給付金支給申請書
・母子手帳など、育児の事実を確認できる書類の写し
・賃金台帳や出勤簿など、支給申請の記載内容を確認できるものなど

sponsored link


down

コメントする




葉酸サプリメント

妊娠線ケア

産後の抜け毛

妊活

妊娠初期

妊娠と出産

子育て

スキンケアとヘアケア

体重管理

マタニティスポーツ

食生活

女性の悩み

下痢・便秘

妊活 男性

ガールズトーク

プロフィール

ハピマタ

ハピマタ

はじめまして、ハピマタと申します。

年齢は30代。出身地は東京の下町で、ちゃきちゃきの江戸っ子です!

もうずく2歳になる娘がおり、子育てに奮闘中ですが、第二子も計画しています。

これから、妊娠、出産、子育て関連の情報を書いていきますので、よろしくお願いします。 [詳細]



sponsored link

ベビ待ちさんにアンケート