ハッピーマタニティライフ

妊活、妊娠出産、子育ての情報を発信していくママブログ

26e8524da89609670abcbbc37a343268_s

過剰なサビが妊娠力を低下させる

私たちの体は一つ一つの細胞によって構成されていますが、サビはその細胞を老化させます。サビは、卵子や精子を老化させてしまいます。卵子を作る卵巣も、精子を作る精巣も、サビが進むと老化も進みます。体の中に過剰なサビが発生すると、妊娠力が低下する心配があります。

「サビる」とは、さまざまな物質が酸素に触れて酸化することをいいます。たとえば、10円玉は製造されて間もなければピカピカですが、古くなると黒く変色しますよね。あれは長く使われているうちに、10円玉が空気に触れて、銅が「酸化」したことで起こっています。

私たちの体の中でもこれと同じことが起きています。血液検査で採血されているときに思いのほか自分の血液が真っ赤ではなく、黒っぽいなと思ったことはありませんか?

採血では静脈血を採取するそうですが、血液には心臓か送りだされて体内を巡る動脈血と、体内を巡って心臓に戻る静脈血があります。動脈血はきれいな真っ赤な色をしていますが、静脈血のほうはきれいとは言えない黒っぽい赤色をしているのです。

血液の色が変わる理由の一つは、血液中に含まれるヘモグロビンという成分が「酸化」されて酸化ヘモグロビン(ヘモグロビンがサビた状態)に変わるためです。では、血液は黒っぽい赤色のままかというと、そうではありません。静脈血は心臓に戻る前にいったん肺に入って、ここでサビが落とされます。このサビ落としのことを「還元」というそうです。肺で還元されてきれいな動脈血となって心臓に送られ血液が、再び全身を巡ることになります。

このように私たちの体の中ではいつも「酸化」と「還元」が繰り返されています。

サビの原因になるのが「活性酸素」で、サビ落としに働くのが「抗酸化物質」です。

サビてもすぐにサビ落としされるという「酸化」と「還元」の働きがバランスよく働いていると酸化は進みにくくなります。

しかし、このバランスが崩れて、体内に過剰なサビ(酸化物質)が増えると、サビ落としが追いつかなくなってしまいます。そうなると、健康を害して生活習慣病が起こったり、老化が進むことになります。

抗酸化力は毎日の食生活やライフスタイルを充実させることにより、安定したバランスを保つことができます。抗酸化力を安定させて酸化ストレスを少なくしていくことが健康維持や老化防止にはとても重要です。

体のサビを落として妊娠体質に

妊娠体質に変わっていくためには、何よりもまず、女性の生殖細胞である卵子がサビていないことが大切です。体の中に過剰なサビが発生しない生活、サビがついたらすぐにサビ落としをする生活を心がけましょう。

先ほど10円玉の話をしましたが、酸化した10円玉はレモン汁に入れると、サビが落とされてもとのピカピカの状態戻ります。人間もレモンをたくさん食べてサビ落としができるのであれば、たくさん食べるのですが…

大切なことは活性酸素と抗酸化力のバランスを保つこと。

サビ(活性酸素)が増えすぎる原因は、何気ない毎日の生活の中にあります。

●サビが増える悪い習慣

  • 会社では基本的にデスクワークで座りっぱなし、運動不足
  • 激しい運動
  • 心身の強いストレス
  • タバコやお酒(アルコール)

●サビ落としにつながるいい習慣

  • 適度な運動を毎日の習慣にする
  • 抗酸化力を含む食品を積極的に食べる食生活
  • 禁煙、お酒を飲み過ぎない(節酒)
  • さまざまなストレスは早めに解消する

卵子や卵巣が老化する最大の原因はエイジング(加齢)です。年を重ねることはごく自然なことだし、加齢そのものを止めることはできませんが、加齢のスピード加速させないようにしたり、加齢のスピードを遅くさせたりすることはできます。

ちょっと前まで美魔女ブームがありましたが、最近は本当にキレイな年齢の重ね方をしている女性が多いですよね。外見の美しさも確かに大事ではありますが、妊娠体質に変わるためには視線を体の中へと向ける必要がありそうです。

抗酸化物質を多く含む食品を食べましょう

妊娠体質に変わるには、食生活が重要な役割を果たします。まず、第一に「活性酸素」を退治する「抗酸化物質」を積極的にとりましょう。

抗酸化物質は、「ビタミン」や「ミネラル」のほか、「ポリフェノール」などの栄養成分に豊富に含まれています。

ビタミン

ビタミンは全部で13種類ありますが、抗酸化作用がもっとも高いものはビタミンCです。次にビタミンAとビタミンEが続きます。とくにビタミンCは高い抗酸化作用が期待できます。

ビタミンは大きく水溶性のビタミンと脂溶性のビタミンに分けられます。ビタミンCは水溶性なので排出されやすく、たくさん摂取してもおしっこと一緒に体外に出ていくため心配ありませんが、ビタミンAは脂溶性で排出されにくく、妊娠を計画している人や現在妊娠中の女性は過剰摂取にならないように注意が必要です。

ビタミンAを大量に継続して摂取すると、奇形など胎児に悪い影響が出る心配があります。普通の食事ではほとんど心配ありませんが、サプリメントでとるときは摂取量に十分注意するようにして下さい。

ビタミンCが多く含まれている食品はパセリで、レモンのなんと50倍のビタミンCが含まれています。そのほか、イチゴ・キウイフルーツ・柿・柑橘類などの果物のほか、ブロッコリーなどの緑黄色野菜にも豊富に含まれています。

●ビタミンEを多く含む食品
アーモンド・ヘーゼルナッツ・松の実・ピーナッツなどのナッツ類、ごま、かぼちゃ、小松菜、アボカドなど

ミネラル

ミネラルには鉄、亜鉛、カルシウム、カリウム、セレン、セサミンなどがあり、ほとんどのミネラルが抗酸化物質を含んでいます。

●セレンを多く含む食品

ワカサギ・イワシ・カレイ・ホタテ貝などの魚介類

●セサミンを多く含む食品

セサミンの含有量はごまがダントツ一番です。

ポリフェノール

ポリフェノールは植物の苦味成分や色素のことです。赤ワインやチョコレートに含まれていることで有名ですよね。

ひと口にポリフェノールといっても、実は膨大な種類があり、自然界に5000種類以上あるといわれています。植物性女性ホルモンなんて呼ばれ方もする「大豆イソフラボン」や「βカロチン」、「リコピン」などはどれもポリフェノールの一種です。

βカロチンには抗酸化作用のほかに、体内で必要な分だけビタミンAに変換される性質があり、「プロビタミンA」とも呼ばれます。ちなみに、βカロチンには過剰摂取による心配はありません。

イソフラボンは豆腐、納豆、油揚げ、味噌、きな粉など、大豆と大豆加工食品に多く含まれています。このほか、ポリフェノールには、緑茶などのお茶や赤ワインに含まれるタンニン、そばに豊富に含まれるルチン、赤紫色の色素でぶどうの皮やブルーベリーに多く含まれるアントシアニンなどがあります。

抗酸化物質を多く含む食品

もっとも抗酸化物質を多く含む食品をAランクとして、Aランク~Eランクまでに分けてまとめます。

AランクBランクCランクDランクEランク
バナナれんこん玉ねぎ長芋インゲン
茶葉ほうれん草小松菜りんご
にんにくにんじんびわたけのこ
もやしさくらんぼえのき
アスパラガス大根トマト
しいたけパイナップルメロン
ごぼうマンゴーイチゴ
ぶどうグレープフルーツ
キウイフルーツ
わかめ

水素は最強の抗酸化物質!?

卵巣や卵子の老化が進むのは「酸化」と「還元」のバランスが崩れたときです。体内に発生した「活性酸素」を還元する「抗酸化力」が追いつかなくなったときに、細胞がサビつき、「老化」が進みます。

体の中では活性酸素を還元する抗酸化酵素を作っていますが、年齢が高くなると、生産される量が減ってきます。そのときにとても重要なことが外から抗酸化力物資を補うことです。

なかでも、最強の抗酸化物質として注目されているのが「水素です。

水素のすごい働きは、体内に入ると活性酸素と反応して、活性酸素を無害化しながら水に変化します。とくに、活性酸素の中でも一番の悪者とされる「ヒドロキシルラジカル」によく反応します。これが水素が「最強」といわれる理由です。

しかし、水素はご存知の通りガス、つまり気体です。これをどうやって体の中に取り入れるのか?そこで登場したのが「水素水」です。

今はたくさんの水素水が市販されていますが、水素ガスが多く含まれる濃度の高い製品、水素ガスが抜けないように密閉された容器の製品を選ぶのがコツです。

容器の素材からみると、アルミパウチが一番抜けにくく、次に抜けにくいのはアルミ缶です。ペットボトルになるとかなりぬけやすいといわれています。ただ、ペットボトルであっても、耐圧ペットボトルを使って濃度を高く保っているメーカーもあります。また、医療現場で使われているかどうかも、水素水を選ぶときのポイントになります。

医療現場でも支持されているというアキュエラ「水素水7.0」ppmスターターセット
↓↓↓
こちら >>> 水素水7.0ppm医療現場で支持されるプロ仕様の高水素濃度「aquela」

水素水おすすめランキング

これから「水素水」を始めてみようかなという人のために、水素水のおすすめランキングを作成しました。水素水を選ぶときは水素の含有量がもっとも重要なので、そこに重点をおきましたが、価格や口コミなども総合的に考えてランキングにしています。

※各メーカーごとの水素水の詳細情報は、画像をクリックして頂きご確認下さい。

第1位 トラストウォーター TRUST WATER

容器アルミパウチ4層
容量400ml
価格初回お試し15パック 1,800円税込(送料、手数料無料)*1世帯1セットまで 通常価格 6,480円
 定期コース400ml×15本 2ケース 月9,980円税込
 通常価格 400ml×15本 2ケース 12,960円税込
1本の価格通常価格で 1本432円税込
充填時計測水素含有量3.0ppm
酸化還元電位-500~ -600mV
ph7.0~8.0
使用している水大分県くじゅう連山 天然地下水

公式サイトはこちら >>> トラストウォーター TRUST WATER

第2位 メロディアン 水素たっぷりの おいしい水

水素たっぷりのおいしい水

容器アルミパウチ
容量300ml
価格7本お試しモニター 300ml×7本 500円税込 送料無料/定期初回キャンペーン2箱お届け 4,115円税込
1本の価格定期20本セットで 1本206円税込
製品表示水素含有量0.8~1.2ppm
酸化還元電位-300~-650mV
ph7.4
使用している水山口県「寂地川」源流の天然水

公式サイトはこちら >>> メロディアン 水素たっぷりの おいしい水

第3位 浸みわたる水素水

容器アルミパウチ
容量500ml
価格初回お試し 12本 1,980円税込/通常コース 30本 12,600円税込/定期コース30本 初回 6,300円税込/2回目以降 8,820円税込
1本の価格通常価格30本で 1本420円税込
製品表示水素含有量1.4ppm 製造時
酸化還元電位記載なし
ph6.65
使用している水熊本県菊池渓谷の天然水

公式サイトはこちら >>> 浸みわたる水素水

第4位 ビガーブライトEX


容器アルミパウチ4層
容量500ml
価格初回限定30本 6,900円税込/30本セット 9,600円税込/定期コース30本月8,400円税込 初回・2回まで 6,900円税込
1本の価格30本セット 1本320円税込
製品表示水素含有量0.8~1.2ppm
酸化還元電位-550~-650mV
ph6.5~7.5
使用している水阿蘇山外輪系の湧水

公式サイトはこちら >>> ビガーブライトEX

第5位 サラスバ

容器アルミパウチ4層
容量500ml
価格初回お試し10本 1,980円税込/10本セット 4,200円税込/20本セット 7,000円税込/30本セット 10,500円税込/各種定期プラン有
1本の価格10本セットで 1本420円税込
製品表示水素含有量約0.8~1.2ppm
酸化還元電位-400~-600mV
ph6.2~7.2
使用している水熊本県 白川水源

公式サイトはこちら >>> サラスバ

第6位 CRYSTAL水素水

容器アルミパウチ4層
容量500ml
価格初回お試し10本 1,980円税込/10本セット 4,200円税込/20本セット 7,000円税込/30本セット 10,500円税込/各種定期プラン有
1本の価格10本セットで 1本420円税込
製品表示水素含有量約0.8~1.2ppm
酸化還元電位-400~-600mV
ph6.2~7.2
使用している水熊本県 白川水源

公式サイトはこちら >>> CRYSTAL水素水

これからママになるあなたへ:葉酸はとれていますか?

妊娠前から積極的にとりたいのが「葉酸」です。私も母親と義理の姉から言われていて、きちんととっていました。赤ちゃんの脳を作る葉酸は妊娠中は絶対に必要になる栄養素なので、妊娠前の「赤ちゃんがほしい」と思ったときから積極的にとりはじめることをおすすめします。

なぜなら、赤ちゃんの脳や神経が作られる「妊娠初期」に葉酸を摂ることで、赤ちゃんの先天性異常(神経管閉鎖障害)発症のリスクを減らすことができるからです。

だったら、妊娠がわかってからでもいいのでは、と私も思っていたのですが、妊娠の初期症状が出て妊娠がわかる頃にはすでに赤ちゃんの脳の基礎はほとんどできあがっているそうです。つまり、妊娠しているけどそのことにまだ自分でも気がついていないときに赤ちゃんの脳は作られていて、本当に葉酸が必要なのはこの時期なんです。そのため、厚生労働省は、妊娠が可能なすべての女性にたいして葉酸を摂取するようにいっています。

そこで、種類が豊富な葉酸サプリの中でおすすめなのが、「ベルタ葉酸サプリ」です。

妊活中・妊娠中ならベルタ葉酸サプリ

ドラックストアなんかで売られている安い葉酸サプリも同じなのでは、と思うかもしれませんが、使用されている栄養成分が全然違います。配合されている葉酸には、厚生労働省が推奨しているカラダへの吸収率が高い葉酸が使用されています。

入っている栄養成分成分はすべて自然由来の素材が採用されていて、無添加・無香料で保存料も入っていません。栄養士も推奨する高品質な栄養成分で、めちゃくちゃ売れている葉酸サプリです。雑誌「たまごクラブ」にも掲載されています。

赤ちゃんが本当に葉酸を必要としているときに不足させないように、こういった葉酸サプリはしっかり摂取しましょう。

↓↓↓

妊娠中のママのための
☆ベルタ葉酸サプリ☆


down

コメントする




葉酸サプリメント

妊娠線ケア

産後の抜け毛

妊活

妊娠初期

妊娠と出産

子育て

スキンケアとヘアケア

体重管理

マタニティスポーツ

食生活

女性の悩み

下痢・便秘

妊活 男性

ガールズトーク

プロフィール

ハピマタ

ハピマタ

はじめまして、ハピマタと申します。

年齢は30代。出身地は東京の下町で、ちゃきちゃきの江戸っ子です!

もうずく2歳になる娘がおり、子育てに奮闘中ですが、第二子も計画しています。

これから、妊娠、出産、子育て関連の情報を書いていきますので、よろしくお願いします。 [詳細]



ベビ待ちさんにアンケート