ハッピーマタニティライフ

妊活、妊娠出産、子育ての情報を発信していくママブログ

82789085a2663381ae3b7d9e6d2f7ef5_s

2種類の女性ホルモンがお肌の調子をコントロールしている

生理前になると必ずニキビができてしまったり、足がパンパンにむくんだり、生理痛が重かったりして、女性にとって生理は気分が沈みがちなものです。このように、ホルモンバランスが変化する生理は、肌や体にも大きな変化もたらします。

肌に不調をもたらすのが「黄体ホルモン(プロゲステロン)」

女性ホルモンの1つに「黄体ホルモン(プロゲステロン)」があります。黄体ホルモンは生理前に分泌されるホルモンで、皮脂を増やして、ニキビやシミをできやすくするといわれています。先ほど書いた足のむくみや月経前症候群(PMS)にみられるイライラのもとになっているのも、このホルモンが原因です。

生理の前は肌が敏感になっている時期なので、新たなスキンケア商品を試したり、美白やアンチエイジングなど積極的なケアは控えたほうがいいと思います。この時期は保湿を中心としたシンプルなケアに徹するのがおすすめです。ただ、黄体ホルモンが多く分泌されていてシミができやすいので、UVケアしっかりと行ったほうがいいですね。

また、生理前に必ずニキビができてしまうという人は多いと思います。原因は黄体ホルモンの影響で皮脂分泌が増えることにあるので、生理前はとくに洗顔で皮脂をきちんと落として、油分の少ない化粧品で保湿をするように心掛けて下さい

ただ、大人ニキビはストレスや普段の生活習慣が不規則になることでホルモンバランスが乱れることがいちばんの原因です。日ごろからストレスが溜まっていたり、生活習慣が不規則だったりすると、生理前の肌や体調の不安定さがいっそう強くなってしまいます。

肌の好調をもたらすのが「卵胞ホルモン(エストロゲン)」

もう1つの女性ホルモンが「卵胞ホルモン(エストロゲン)」です。卵胞ホルモンは生理が終わった後に分泌が高まるホルモンで、肌をみずみずしく潤して、コラーゲンを増やす作用があります。実は「美肌」はこの卵胞ホルモン(エストロゲン)に大きく影響されるのです。

エストロゲンの本来の働きは、生理の周期をキープして妊娠に向けた体づくりをすることです。そのため、たとえば無理なダイエットを行ったり、過度なストレスがかかるとエストロゲンの分泌量が減少し、生理不順が起こり、肌の老化がみるみる早まってしまうという結果に。「美肌」と「健康」をチェックする上で、「生理」はひとつのバロメーターといえるかもしれませんね。

エストロゲンは生理が始まる思春期の頃から急激に増え始め、30代後半からゆるかに減り始めます。そして、閉経を迎えるころに急激に低下してしまいます。年齢とともにエストロゲンの分泌量が低下してしまうことは仕方ありませんが、なるべく分泌量をキープするためには、健康的な生活を送ることが大切です。

また、女性ホルモンアップに欠かせない「大豆」は、老化を遅らせるに役立つそうですよ。納豆なら1日1パック、豆腐なら半丁くらいを目安に摂取するのがおすすめです。

エストロゲンの分泌量が高まる生理後は、とても肌の状態が安定してるので、美白やアンチエイジングなどのケアを積極的に行える期間です。新しい化粧品を試すならこの時期がおすすめです。

「大人ニキビ」や「シミ」対策にはビーグレンがおすすめです。
参考用)ホームページ→ b.glen/ビーグレン ニキビ
参考用)ホームページ→ b.glen/ビーグレン シワ

sponsored link


down

コメントする




葉酸サプリメント

妊娠線ケア

産後の抜け毛

妊活

妊娠初期

妊娠と出産

子育て

スキンケアとヘアケア

体重管理

マタニティスポーツ

食生活

女性の悩み

下痢・便秘

妊活 男性

ガールズトーク

プロフィール

ハピマタ

ハピマタ

はじめまして、ハピマタと申します。

年齢は30代。出身地は東京の下町で、ちゃきちゃきの江戸っ子です!

もうずく2歳になる娘がおり、子育てに奮闘中ですが、第二子も計画しています。

これから、妊娠、出産、子育て関連の情報を書いていきますので、よろしくお願いします。 [詳細]



sponsored link

ベビ待ちさんにアンケート