ハッピーマタニティライフ

妊活、妊娠出産、子育ての情報を発信していくママブログ

43f78079636d37633d1e1892c9327dd0_s

妊活はリラックスしてストレスを溜めないように

妊活というとなんだか、病院に行って、お医者さまに相談をしてなどと、大がかりなことをイメージする人もいるのですが、毎日の生活のなかで行動を起こすことで、妊娠しやすい身体づくりをすることができます。

「妊活頑張るぞ!」と肩に力を入れることなくできる5つの生活習慣をご紹介します。これらの生活習慣を意識することで、妊娠への意識が高まり、より前向きな気持ちになると思いますよ。ポイントは全部やらなければと「宿題」にしないことです。できない…と思ってしまうとストレスになって、長続きせず「習慣化」しませんので、できない日があっても、ぜんぜんOKです。少しずつ習慣化していきましょう。

1.基礎体温をつける

基礎体温をつけることの意味は、妊娠するタイミングを知るだけではなく、自分の体調や健康状態をしる上でも大切な手がかりとなります。妊活中だけではなく、妊活が終わってもできれば継続したい習慣ですね。

私も最初はそうでしたが、朝眠たくてつける自信がなかったり、飽きっぽい性格なので続けられないかもという人でも、多少のつけ忘れは大した問題ではありません。

最低でも3ヶ月くらいは続けてみて下さい。できれば、エクセルに基礎体温を記録していき、たとえば、腹痛やおりものことなど身体のことで気になることがあったら、これもエクセルにメモしていきます。3ヶ月もすると自分の身体について気づかなかったことがいろいろと見えてくると思いますよ。

2.温かい食べ物を食べること、そして、適度な運動

女性にとって大敵なのが「冷え」ですね。女性はとくに冷え性になりやすいのですが、「手足が冷たいのはいつものこと」、「女性の場合、冷え性は仕方がない」と思っている人は要注意です。自分が低体温かどうかは、朝体温を計ってみて、36度以下であれば「低体温」ということになります。

最近はこの低体温の女性が増えているみたいですよ。冷えは万病のもとといわれますし、妊娠を遠のかせてしまいます。

普段から体温を上げるためには、運動習慣をつけて汗をかき、基礎代謝をあげることです。また、あたたかい食べ物を意識して食べるようにするだけでも改善します。

3.規則正しい生活リズムを心掛ける

仕事をしているとどうしても「仕事が生活の中心」となってしまい、規則正しい日常生活を送りづらくなってしまうのが現状です。働く女性が増えていますので、気をつけてたいところですね。人によってはものすごい仕事量に忙殺されてアッと言う間に残業時間なんて人も…たくさんのタスクに優先順位をつけて、「整理」をしながら仕事をすすめていきましょう。

規則正い生活リズムを作るには、まずは「食事」と「睡眠」です。これも優先順位ですが、多少遊ぶ時間を削ったとしても睡眠時間は確保したいところです。また、食事もコンビニ弁当やスーパーのお惣菜ではなく、できれば自炊をしてなるべく自然な栄養素を少しでも多く摂りたいところです。

妊娠ということになれば、お母さんのとる栄養が赤ちゃんの栄養になるわけなので、その時に備えて「ママになるための身体作り」だと考えれば、自然と生活も整ってくると思いますよ。

4.正しい知識を得る

妊活に限ったことではありませんが、インターネットをはじめとするさまざまなメディアに溢れる情報の中から、正しい情報を取捨選択していかなければなりません。

本当に正しい情報か判断できないときは、かかりつけのお医者さまに相談するなど、専門家の意見を必ず聞くようにしたほうがいいと思います。

5.ストレスをなるべく溜めない、発散方法を見つける

ストレスは女性ホルモンの分泌に大きな影響をあたえます。私の友達も仕事のストレスで生理が止まってしまったという人がいました。ストレスは本当に恐いです。

現代社会に生きている以上、まったくのストレスフリーになることはできないと思いますが、自分なりのストレス発散方法を見つけて、気持ちの切り替えができるようにしておくが大切だと思います。

私の場合、たまには少しばかり高くてもおいしいものを食べたり、ショッピングをしたり、頑張った自分へのご褒美をあげるようにしています。

これからママになるあなたへ:葉酸はとれていますか?

妊娠前から積極的にとりたいのが「葉酸」です。私も母親と義理の姉から言われていて、きちんととっていました。赤ちゃんの脳を作る葉酸は妊娠中は絶対に必要になる栄養素なので、妊娠前の「赤ちゃんがほしい」と思ったときから積極的にとりはじめることをおすすめします。

なぜなら、赤ちゃんの脳や神経が作られる「妊娠初期」に葉酸を摂ることで、赤ちゃんの先天性異常(神経管閉鎖障害)発症のリスクを減らすことができるからです。

だったら、妊娠がわかってからでもいいのでは、と私も思っていたのですが、妊娠の初期症状が出て妊娠がわかる頃にはすでに赤ちゃんの脳の基礎はほとんどできあがっているそうです。つまり、妊娠しているけどそのことにまだ自分でも気がついていないときに赤ちゃんの脳は作られていて、本当に葉酸が必要なのはこの時期なんです。そのため、厚生労働省は、妊娠が可能なすべての女性にたいして葉酸を摂取するようにいっています。

そこで、種類が豊富な葉酸サプリの中でおすすめなのが、「ベルタ葉酸サプリ」です。

妊活中・妊娠中ならベルタ葉酸サプリ

ドラックストアなんかで売られている安い葉酸サプリも同じなのでは、と思うかもしれませんが、使用されている栄養成分が全然違います。配合されている葉酸には、厚生労働省が推奨しているカラダへの吸収率が高い葉酸が使用されています。

入っている栄養成分成分はすべて自然由来の素材が採用されていて、無添加・無香料で保存料も入っていません。栄養士も推奨する高品質な栄養成分で、めちゃくちゃ売れている葉酸サプリです。雑誌「たまごクラブ」にも掲載されています。

赤ちゃんが本当に葉酸を必要としているときに不足させないように、こういった葉酸サプリはしっかり摂取しましょう。

↓↓↓

妊娠中のママのための
☆ベルタ葉酸サプリ☆


down

コメントする




葉酸サプリメント

妊娠線ケア

産後の抜け毛

妊活

妊娠初期

妊娠と出産

子育て

スキンケアとヘアケア

体重管理

マタニティスポーツ

食生活

女性の悩み

下痢・便秘

妊活 男性

ガールズトーク

プロフィール

ハピマタ

ハピマタ

はじめまして、ハピマタと申します。

年齢は30代。出身地は東京の下町で、ちゃきちゃきの江戸っ子です!

もうずく2歳になる娘がおり、子育てに奮闘中ですが、第二子も計画しています。

これから、妊娠、出産、子育て関連の情報を書いていきますので、よろしくお願いします。 [詳細]



ベビ待ちさんにアンケート