ハッピーマタニティライフ

妊活、妊娠出産、子育ての情報を発信していくママブログ

01ed8f2b9bd22f25f9b4ea14adcf3568_s

カラダは冷やさないことが基本

女性のカラダは熱を作りだす筋肉量が少ないので、そもそもが冷えやすくなっています。カラダが冷えると血流が悪くなり、老化のスピードをアップさせたり、女性特有の病気を引き起こしたりと、いいことがなにもありません。そのため、女性の場合は特にカラダを温めることをいつも意識しておくことが大切だと思います。

効率よくカラダを温めるためには、ポイントを知っていることが大切です。カラダの部分で重点的に温めたい部分は次の3ヶ所です。


  • 風邪は首の後ろから入ってくるなんていわれるほど、首もとは温めたいポイントです。首から肩甲骨、二の腕にかえてはカラダの温度センサーとなっているため、ここが冷えると手足も冷えてしまうのです。
  • お腹
    子宮をはじめとする内臓を冷やしてしまうと、代謝が低下してしまうため、腹部もしっかりと温めましょう。腰回りも一緒に温めると下半身全体の血の巡りがよくなります。
  • 足首
    手首や足首などの関節部分は血管が表面に近いところにあります。そのため、血の巡りが悪くなりやすいので、意識的に温めるようにしましょう。

上記3ヶ所はカラダの熱が多く出ていく部分でもあるので、ここをしっかりと温めるようにして下さい。

カラダを温めるときに気をつけておきたいのは、締めつけ過ぎないことです。例えば、ガードルやブーツ、靴など、締めつけがキツイと逆に血行が悪くなって冷えを招いてしまいます。

また、下着やマフラーなどに化学繊維が使われている場合、化学繊維は通気性が悪く、放出されないのでこもってしまいカラダを冷やす原因となります。お肌に触れるものは天然素材を選ぶようにするといいですよ。

実際に温活に挑戦してみましょう

特に冷やしたくない部分は重ね着をするなどして冷えをガードすることはもちろんですが、生活の中にカラダを温めることを組み込んで、冷やさないことを徹底していきましょう。

まず、絶対に温めたいのがお腹です。妊活に大事な子宮を温めるということもありますが、カラダ全体を温めるという意味でも重要です。生命維持のための優先順位の高い内臓を冷やしてしまうと、カラダは生命の危機を感知して全身の血液を体幹に集めようとします。そのため、手足の冷えが加速してしまうのです。

また、私がそうなのですが、指先が冷える人や肩こりがある人は肩甲骨の間を温めるのが効果的です。それと、足が冷える人は足首を温めるとだいぶ緩和されます。

夏でも冷房でカラダを冷やしてしまう女性はたくさんいるので、しっかりと温めていきましょう。

妊活女子におすすめのアイテム

温むすびの「おなかありがとう」(腹巻)


【おなかありがとう】 ¥4,093円(税込)

温むすびの「おなかありがとう」は綿とシルクの快適な肌触りで、薄手でも保温性と通気性にすぐれて年中使えます。また、胃や腸まで隠れる長めの設計になっているのもうれしいところです。

「よもぎ温座パット」


【よもぎ温座パット】 ¥4,276円(税込)

これは珍しい下着につけるナプキン型のカイロです。子宮に近い部分をダイレクトに温めてくれるので、カラダ全体がポカポカとしてきます。1回は試してみてもいいかもしれませんね。やみつきになってしまうのがちょっと心配ですが… (-_-;)

普通に使い捨てカイロをカラダに直貼りするのであれば、肩甲骨の間、お腹と腰の3ヶ所を温めることで全身の冷えが解消されます。

上で紹介した温むすびの腹巻きと併用すればさらに保温効果がアップして、驚くほどカラダがポカポカに。

温むすびの「健康足首ウォーマー」


【健康足首ウォーマー】 両足分1組:¥1,028円(税込)

私の冬の必需品です。寝るときはいるもこれをつけて寝ています。締めつけもキツすぎず、緩すぎず、ちょうどいいフィット感が気に入っています。

上でも書きましたが、足首は表面近くに血管があるので、ここを温めてあげることで足先の冷えはかなり軽減されます。私の場合はオフィスにもストックがあって、ちょっと足元が冷えるなと感じたら使うようにしています。あ、それと、ゴルフボールで足の裏を刺激してあげるとさらに血行がよくなって、ポカポカしてきますよ。

蒸気で心とカラダをほっこりと

同じ温度でも乾いた熱いものよりも、蒸気のほうがより内部まで温めることができます。

美容院やエステに行ったときに蒸しタオルを使って顔やカラダを温めてもらうと、それだけですごく気持ちいいですよね。あれば、自立神経がリラックスモードに切り替わっているからなんです。

ストレスが溜まっていると、自立神経が興奮状態の時間が長くなりがちです。けど、血液の巡りをよくするのはリラックスモードの時になので、血行をよくするためには自律神経のコントロールも大切な要素です。

蒸気であれば、じんわりと、そしてしっかりと温めながら、自律神経をリラックスモードに切り替えてくれるので、血流改善の効果が期待できます。さらに、血の巡りが悪いと、お肌のトラブルを起こしがちですが、蒸気ならお肌にうるおいを与えてくるていいことずくめです。

一番簡単な実践方法をご紹介します。それは電子レンジで蒸しタオルを作る方法です。濡らしたタオルを2枚電子レンジで1分ほど温めます。それを横になって寝た状態で首と目に当てるだけです。これだけですごく気持ちがいいし、リラックス効果が得られます。

目を温めることで自律神経のスイッチリラックスモードに切り替わり、血流もよくなりますし、首を温めることで、温度センサーが働いて手足の先がポカポカしてきます。また、頭重感なども緩和されますね。

カラダを温めるのに一番効果的なのはお風呂

カラダを温めるのに一番簡単で効果的なのは、やっぱり、お風呂です。せっかくのバスタイム、ただ湯船に入っているだけではもったいないので、私が最近ハマっているお気に入りの入浴剤をご紹介します。「ホットタブ(Hottab)」という入浴剤です。

参考用)ホームページ→ ホットタブ(Hottab)

new_img01

私の大好きな北川景子さんが毎日入れているというのを雑誌で見て、すぐに購入しました。冷え性の人やお肌の荒れが気になる人にはおすすめです。余計な香料や着色成分はまったく入っていないので、そこも気に入っています。

※関連記事:温活 | カラダを芯から温めるおすすめ入浴法

これからママになるあなたへ:葉酸はとれていますか?

妊娠前から積極的にとりたいのが「葉酸」です。私も母親と義理の姉から言われていて、きちんととっていました。赤ちゃんの脳を作る葉酸は妊娠中は絶対に必要になる栄養素なので、妊娠前の「赤ちゃんがほしい」と思ったときから積極的にとりはじめることをおすすめします。

なぜなら、赤ちゃんの脳や神経が作られる「妊娠初期」に葉酸を摂ることで、赤ちゃんの先天性異常(神経管閉鎖障害)発症のリスクを減らすことができるからです。

だったら、妊娠がわかってからでもいいのでは、と私も思っていたのですが、妊娠の初期症状が出て妊娠がわかる頃にはすでに赤ちゃんの脳の基礎はほとんどできあがっているそうです。つまり、妊娠しているけどそのことにまだ自分でも気がついていないときに赤ちゃんの脳は作られていて、本当に葉酸が必要なのはこの時期なんです。そのため、厚生労働省は、妊娠が可能なすべての女性にたいして葉酸を摂取するようにいっています。

そこで、種類が豊富な葉酸サプリの中でおすすめなのが、「ベルタ葉酸サプリ」です。

妊活中・妊娠中ならベルタ葉酸サプリ

ドラックストアなんかで売られている安い葉酸サプリも同じなのでは、と思うかもしれませんが、使用されている栄養成分が全然違います。配合されている葉酸には、厚生労働省が推奨しているカラダへの吸収率が高い葉酸が使用されています。

入っている栄養成分成分はすべて自然由来の素材が採用されていて、無添加・無香料で保存料も入っていません。栄養士も推奨する高品質な栄養成分で、めちゃくちゃ売れている葉酸サプリです。雑誌「たまごクラブ」にも掲載されています。

赤ちゃんが本当に葉酸を必要としているときに不足させないように、こういった葉酸サプリはしっかり摂取しましょう。

↓↓↓

妊娠中のママのための
☆ベルタ葉酸サプリ☆


down

コメントする




葉酸サプリメント

妊娠線ケア

産後の抜け毛

妊活

妊娠初期

妊娠と出産

子育て

スキンケアとヘアケア

体重管理

マタニティスポーツ

食生活

女性の悩み

下痢・便秘

妊活 男性

ガールズトーク

プロフィール

ハピマタ

ハピマタ

はじめまして、ハピマタと申します。

年齢は30代。出身地は東京の下町で、ちゃきちゃきの江戸っ子です!

もうずく2歳になる娘がおり、子育てに奮闘中ですが、第二子も計画しています。

これから、妊娠、出産、子育て関連の情報を書いていきますので、よろしくお願いします。 [詳細]



ベビ待ちさんにアンケート